建築過程

古民家住宅はどのようにして出来上がるのか。古材はどのような場所で建っていたのか、古民家住宅はどのようにして立ち上がるのか、 ライティングハウスTOKYOでは古民家住宅をこのようにしてお造り致します。

古民家移築1 001
新潟県十日町市にあるもう使われていない古民家。外から見るととても痛んでるように見えますが・・・

古民家移築2 002
中には立派な部材が見え隠れしています。赤い屋根の下から茅葺屋根が。歴史が伺えますね。

古民家移築3003
黒光りする立派な部材。しっかりと骨組みがされているためこれだけでも立ち続けられます。

移築工事1004
所変わってここは江東区亀戸。ライティングハウスTOKYOが出来る場所です。こちらも着々と工事が進んでいます。

移築工事2005
鉄骨の骨組みが完成。屋根部分の柔らかなカーブが、ドイツ特有の美しい形を彷彿とさせますね。

移築工事3006
外壁が作られます。さてさてどんな色になるのかな・・?

移築工事4007
内装が出来てきました。まだ完成ではありませんが見上げると存在感のある梁が。

移築工事5008
ドイツの街の一角のようなの黄色い外壁と鉄平石葺きの美しい屋根が現れました。いよいよ内装に取り掛かります。

亀戸天神ライティングハウス内部009
ご覧下さい!日本の古材とドイツの技、和と洋が重なり合ったライティングハウスTOKYOの完成です!

ライティングハウスTOKYO完成10
青空に映えるドイツ特有の黄色の壁と三角屋根。開放的な窓から見えるのは、新しく命を吹き込まれた古材に美しく輝く照明たち。まるで宝石箱のようなライティングハウスTOKYO!是非お越し下さい!